パンツの黄ばみの落とし方は?酸素系漂白剤や重曹が効果的!

パンツの黄ばみの落とし方は?酸素系漂白剤や重曹が効果的! 暮らし

パンツ(ショーツ)の黄ばみ落としには、ペースト状にした重曹を塗り込むか、酸素系漂白剤を使うのがおすすめです。

何度もはいていると、パンツって黄ばみができてしまうことがありますよね。

黄ばむ原因は、尿や汗、皮脂汚れ、そして女性の場合はおりものや経血などの汚れです。

パンツの黄ばみ汚れの落とし方や黄ばみができる原因、さらにどう防いでいくのが良いのかをご紹介します。

スポンサーリンク

パンツの黄ばみ汚れには重曹や酸素系漂白剤

パンツの黄ばみ汚れには、重曹ペーストを塗り込むか、酸素系漂白剤を黄ばみに直接垂らすのがおすすめの落とし方です。

酸素系漂白剤は、ワイドハイターなどの液体タイプを使います。

重曹ペーストを使った黄ばみ落としも、酸素系漂白剤を使った落とし方も、どちらも手順は簡単ですよ。

1つずつご紹介しますので、やりやすい方を試してみてください。

重曹ペーストを使った黄ばみの落とし方

  1. 重曹と水を1:1の割合で混ぜて、重曹ペーストを作ります
  2. パンツの黄ばみ部分に重曹ペーストをたっぷりと塗り込みましょう
  3. そのまま15分ほど放置してから、普通にお洗濯すればOK

重曹は、汗や血液などの酸性の汚れを分解するのに効果的なので、黄ばみ汚れもしっかりと落としてくれるでしょう。

酸素系漂白剤を使った黄ばみの落とし方

  1. 酸素系漂白剤を適量、パンツの黄ばみ部分に直接垂らします
  2. そのまま15分ほど放置したら、いつも通りにお洗濯しましょう

ちなみに私は普段、パンツの黄ばみだけでなく、衣類のシミ汚れなどに酸素系漂白剤を直接垂らして使っています。

黄ばみやシミ汚れがしっかり落ちるのでおすすめです。

酸素系漂白剤は、繊維の奥に入り込んで汚れを落としてくれるので、常備しておくと便利ですよ。

スポンサーリンク

パンツの黄ばみの原因は?

パンツに黄ばみができてしまうのは、尿や汗、皮脂汚れが原因です。

女性の場合は、おりものや経血汚れも黄ばむ原因になります。

尿による汚れ

尿漏れや尿が十分に拭き取れていないなどの理由で、パンツに尿が付着してしまうと、黄ばみ汚れになってしまうことがあります。

洗濯が不十分で繊維の奥に尿が残ったままだと、尿の成分が酸化して、更に頑固な黄ばみ汚れになってしまうんですね。

汗や皮脂による汚れ

汗をかいてパンツの中が蒸れた状態になると、汗や皮脂汚れが原因でパンツが黄ばむことがあります。

デリケートゾーンは、脇のようにシミになりやすい汗が出るんです。

無色ではないんですね。

夏場などは特に汗をかくので、パンツが黄ばみやすくなります。

おりものや経血による汚れ

女性の場合だと、パンツに付着したおりものや経血が落ちずに、黄ばみ汚れになってしまうことが多いでしょう。

(経血の場合は茶色っぽいことが多いので、主におりものですね)

私も、おりものの汚れでパンツが黄ばむことがあります。

スポンサーリンク

パンツの汚れを予防するには?

パンツの黄ばみ汚れをを防ぐには、まず、男性も女性も、トイレで用を足した後はしっかり拭き取ることです。

女性の場合は、拭くのではなく、トイレットペーパーを5秒くらいあてておくのが正しい拭き方です。

デリケートな部分なので、ゴシゴシしないように気をつけましょう。

そして、時々、パンツを脱いだ時に(お風呂に入る時に)ワイドハイターを垂らしておくのがおすすめ。

もちろん、粉末の酸素系漂白剤をぬるま湯に溶かして、つけ置きしてもOKです。

女性の場合は、パンツを汚してしまう確率が高いので、パンティーライナーや尿漏れパッドなどを使って、パンツを汚さないように工夫しましょう。

パンティライナーが苦手な方は、デリケートゾーン用のシートで拭くという方法もあります。

(女性は何かと大変ですよね)

スポンサーリンク

まとめ

パンツに黄ばみ汚れができてしまう原因は、尿、汗、皮脂、そして女性の場合はおりものや経血などです。

黄ばみ落としには、重曹ペーストを塗り込むか、酸素系漂白剤を垂らしてから洗濯するようにしましょう。

酸素系漂白剤は、黄ばみ落としも、黄ばみ予防も、垂らしておくだけなのでお手軽です。

タイトルとURLをコピーしました