塾代が無駄に感じる…成績アップしないなら塾に行かないほうがよい!

塾代が無駄に感じる…成績アップしないなら塾に行かないほうがよい! 子育て

塾ってお金がかかりますよね。

子供のためになっているならいいのですが、塾代が無駄だったと感じることも。

例えば、成績が全く上がらなかったり、塾で学習した気になって家で勉強しない場合です。

私のように、塾では補うことができない学習障害がある場合もあります。

一般的に、学習が苦手な子は、塾に通うことで学校の成績も上がるイメージがあるのではないでしょうか。

しかし、お子さんの性格や学習障害などの有無によっては無駄になってしまうので、塾に行かないほうがよいこともありますよ。

詳しくお伝えします。

スポンサーリンク

塾は無駄だった?

塾代が無駄だったと感じるのは次のような時です。

  • 塾に行かせても成績が伸びなかった(イヤイヤ通ってる)
  • 塾に行ったことで学習した気になり、家で勉強をしない
  • 塾ではカバーすることができない学習障害を持っている

詳しく見ていきましょう。

イヤイヤ通っている(成績が伸びない)

塾に行かせても、本人が勉強嫌いでイヤイヤ塾に通っている状態だと、学校の成績も伸びることなく、塾代は無駄になってしまいます。

子供が嫌がっているのに塾に無理やり通わせてしまうと、勉強が余計に嫌いになることも。

成績が伸びないのに塾に通わせても、意味ないですよね。

(実は私も、中学時代塾に行ってたのですが、あまり成績が伸びなかったということがありました…)

子供の性格をよく考えたうえで、塾にこのまま通い続けさせるか判断しましょう。

塾で学習した気になり家で勉強しない(成績が伸びない)

塾で勉強したり、塾の宿題をすることで学習した気持ちになってしまい、家では学校の学習をしない場合も、塾代を無駄にしてしまいます。

塾で教わることと、学校の授業で教わること、そして学校の宿題は内容が異なる場合も多いもの。

塾に通わずに何も勉強しないよりはマシ、と思うかもしれません。

しかし、塾では勉強しているのに成績が伸びないなら、塾が無駄になっているかもしれません。

塾だけではカバーしきれない学習障害がある子

他の教科はそれなりに成績が良いのに、ある特定の教科、特に国語や数学などが極端に苦手な場合は、その子が勉強できないからではなく、学習障害がある可能性が高いです。

実は私も数学の学習障害があるので、塾に通っていても、数学は全然成績アップしませんでした。

学習障害がある場合は、塾ではなく適切な療育を受けさせるべきなので、塾代は無駄になってしまいますよ。

そのため、極端に苦手な科目がある場合は、お子さんに学習障害がないかどうかを確かめてください。

そして適切な療育を受けさせたり、支援学級などに通わせることがベストです。

スポンサーリンク

成績が伸びないなら塾に行かないほうがよい

塾にイヤイヤ通っていたり、家で勉強しないなら、塾に行かないほうがよいでしょう。

塾に行ってもはっきり言って無駄です。

性格や性質をみて、塾は早々にやめさせたほうがお子さんのためにもなります。

それでも塾に通わせたい場合は、どうすればよいでしょうか。

塾にイヤイヤ行く子供の場合は、無理やり通わせるのではなく、塾に行くのが嫌な理由を聞いたり、塾に通ったほうがよい理由をじっくり話し合いましょう。

無理に行かせても、余計に苦手意識が高まるだけです。

塾でしか勉強しない子供の場合も、家での学習することが必要だということを伝えましょう。

塾でしっかり勉強できているなら、塾講師に相談してもいいですね。

塾で学校の宿題や学習を見てもらえるかもしれませんし、家での学習方法について指導していただけるかもしれません。

どちらの場合も、親御さんがたまに勉強をみてあげる、という時間を設けると良いですね。

(特に、学習に慣れるまでは)

家庭内でしっかりと学習習慣が身に付けば、成績もアップしやすいでしょう。

ただし、学習障害がある場合は塾に行かないほうがよいでしょう。

この場合は、子どもに合った療育を受けさせるのがベストです。

スポンサーリンク

まとめ

行きたくないのに塾に通っているため成績がアップしないとか、塾に行っていることで学習した気になってしまう場合は、塾代が無駄になってしまうので行かないほうがよいでしょう。

また、学習障害がある子の場合は、塾で苦手教科を克服することはできないので、ぜひ適切な療育や支援学級へ通うことをさせてあげてください。

塾が無駄だったなら塾講師に相談したり、理由によってはすぐにでもやめさせて、家で学習ができるように工夫していきましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました