2人目の産後は休めない…我慢しないでパパに伝えて!

2人目の産後は休めない…我慢しないでパパに伝えて! 子育て

1人目の出産&育児で、ある程度のスキルを獲得している2人目育児。

しかし、2人目だからこその苦労もあります。

とにかく休めない!自分の時間がない!

結論から言うと「これまで以上にパパと団結する」ことが必要です!

休めなくて大変なことを、旦那さんにありのまま伝えましょう。

ママが少しでも休めるように、ぜひパパも一緒に読んでもらえると嬉しいです。

スポンサーリンク

二人目の産後は休めない…お世話の対象が2倍に

産後すぐに始まる2~2時間おきの授乳。

ミルクを作ったり、オムツを替えたり…。

赤ちゃんは日中・夜中おかまいなしに泣くので、ママは24時間営業。

新生児のお世話は休む時間が本当にありません。

ママのお昼ごはんを済ませ、赤ちゃんにも授乳・ミルクを与えて、

「ヤッター!赤ちゃんが寝たから私も少しお昼寝をしよう!」

…それが、2人目の産後だとなかなか叶わないことがあります。

そう、お兄ちゃん・お姉ちゃんがいるから。

お世話の対象が1人じゃないのです。

上の子の世話も、家事もある

上の子との年の差でも変わってくると思います。

1人目の時も、もちろん大変だったと思います。

初めての事、慣れない事だらけ。

その点で2人目は、やらなきゃいけない事、何をどうすればよいのかは分かっています。

しかしとにかく、2人の育児+家事で、休む時間、ひとりの時間が取れないのです。

我が家は2歳差だったので容赦なく、「ねーねー、ママ!」と上の子。

「少しだけ寝かせてくれる?」が通用しません。

「一緒に遊ぼう!」はもちろんのこと、上の子のおやつや食事の世話。

上の子のオムツ替えもしなければいけません。

もちろん、その他の家事ものしかかってきます。

私の頭の中は、

「ちょっと私を寝かせて…」

「座ってご飯食べる時間がほしい…」

「ああ、ひとりになりたい…」

そんな事でいっぱいでした。

スポンサーリンク

2人目の産後は、パパに助けてもらって!

2人目の産後は、パパに助けてもらって!

産後のママ、ぜひ1人で全部こなそうと思わないでください。

パパ、お仕事忙しいと思います。

ですが、ぜひ家事・育児に積極的に参加してください。

たとえ、ママが産後1ヶ月実家に帰省して養生していたとしても、産後のママの身体は本当に疲れています。

出産で体力を使い果たした身体に、ホルモンバランスは崩れ、2~3時間おきの授乳。

真夜中の3時でも、赤ちゃんが泣いたらママは起きます。

オムツを替えたり、ミルクを作ったり、授乳をしたり。

授乳後すぐ寝てくれなかったら、赤ちゃんを抱っこで寝かしつける事もあるかと思います。

授乳はもちろんママにしかできません。

でも、その他の事は、パパにお任せでも良いのではないでしょうか。

赤ちゃんが夜中に3回起きるのなら、その内1回でも良いので、授乳以外のタスクをパパがこなしてくれると助かります。

ママは、身体もそうですが「パパが助けてくれている」と精神的にも救われます。

スポンサーリンク

2人目の産後、旦那のご飯はサボりましょう!

家事でなにより手間がかかるのが、料理ではないですか?

申し訳ないですが、パパの分はサボりましょう(笑)

「今日、ご飯作る時間なかった!」

「ふりかけご飯食べて!」

パパはそれを受け入れてあげてください。

上の子の分は、今では栄養バランスの取れた幼児食等もたくさん売っています。

手作りをあげたい!

ママも多いと思います。

そんなママは、パパがお休みの日等に、常備菜をたくさん作ってストックしておくのも良いですね。

もちろんパパが食事の準備をしてくれたら、それが一番助かるかもしれませんね!

スポンサーリンク

旦那は産後の大変さに気づいていないだけかも!

もちろん1人目の育児の時から、協力するのが当たり前なパパもいると思います。

でも、もし寝る時間が少なくて疲れているママがいたら、パパに伝えてください。

パパはやってくれないのではなくて、本当に、ただ気づいてないだけなのかもしれません。

何が大変なのか、何に困っているのか、何をどうしてほしいのか。

パパも、何をして良いのかわからなかったら、上の3点をママに質問してみてください。

夜中の授乳中、寝てる旦那にイライラ

ちなみに我が家の旦那は1人目の時、私が夜中に起きて授乳をしていても、横でいびきをかいて寝ていました。

それがとってもストレスでした(笑)

「なんで私だけが…」

「1人で子育てしなきゃいけないんだな…」

と、泣いた事もありました。

だから2人目が生まれる前に、思ったことをありのままに伝えました。

すると、夜中の授乳後の寝かしつけをしてくれるようになりました。

休日はパパ1人で上の子と出かけてくれたり、

「寝てていいよ」

「休んでていいよ」

と声を掛けてくれる事が、1人目の時と比べて格段に増えました。

パパが忙しければ、周りに頼ろう

これは1人目の時から大切な事だと思うのですが、子どもが2人になると、疲れも倍ではありません。

それ以上です。

どうかママに1秒でも長く、休む時間を作ってあげてください。

どうしてもパパが多忙な時があると思います。

仕事の関係で、ほぼワンオペという家庭もあるでしょう。

そんな時は、地域のファミリーサポートや一時預かりを使う手もありますよ!

ぜひ、自分のエリアの育児情報をゲットしてみてください。

スポンサーリンク

2人目産後のストレスを解消するために

子ども2人が同じ時間に寝ている…。

そんなチャンスタイムが訪れることもあります。

家事をするのも良いと思いますが、自分の心身のバランスをとるために、自分を癒す時間に使ってはどうでしょうか。

一緒に寝てみたり、1人でゆっくりお茶を飲んだり、好きな音楽を聴いたり。

常に走り続けると、ママの身体が壊れてしまいます。

ぜひパパも協力して、ママにも休む時間を設けましょうね。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました